スタンダードの分譲住宅 EMIIE スタンダードの分譲住宅 EMIIE

0120-39-5046
営業時間:10:00~17:00 定休日:水曜日/木曜日
HOME EMiiEの家づくり 構造について

構造について

忘れてはならないのが
「見えない部分」の構造。
Standardは
「見えない部分」にもこだわり、
お客様に安全・安心な暮らしを
ご提供します。

1

耐震+制震で安心・安全な住まい

“安全・安心な住まい”のために重視していること。
ひとつは『丈夫な家を建てること』です。かねてより大地震の到来が予想される静岡県東部地域での家づくりである以上、地震に強い家でなければ安心できません。Standardは、お客様から頂いたお金の多くを、建物の耐震性強化のために使っています。
耐震+制震

2

ダブル工法の採用

在来工法と2×4工法の二つを融合させた≪ダブル工法≫を採用することにより、湿度の高い日本の風土に適し、自由な間取の実現や将来のリフォームに対応できるという在来工法の良さと、壁面で地震による外力を分散させて、建物の安全を強化するという2×4工法の良さを“いいとこどり”したお家になっています。

ダブル工法

3

ベタ基礎採用

『ベタ基礎』とは、格子状に組まれた鉄筋にコンクリートを流し込む手法により、建物の重みを底板全面で支える基礎構造です。建物の荷重を基礎全体に万遍なく分散することができるので、耐震性に優れています。
EMiiEのベタ基礎は、直径13mmの鉄筋を200mmの間隔に高密度で配筋し、地震時に最も負荷のかかる基礎のコーナー部分には、三角状に打設するコーナーハンチ工法を採用して、負荷を分散して基礎の耐震強度を高めています。
更にベタ基礎は地表面をコンクリートで覆うので、地表から上がってくる湿気を防ぎ、シロアリの侵入を防止する効果も発揮します。

4

基礎パッキン工法

基礎パッキンを設置すると、換気口用の凹みが要らなくなる為、基礎そのものの耐力を高めることができます。
それだけでなく、建物の周囲にわたって通気孔ができるので、床下全体に風が通り、床下の湿気を効率よく排出することが出来ます。
その結果、土台の腐食を防ぎシロアリを寄せ付けにくい床下環境を実現出来ます。
基礎パッキン工法が基礎と土台の耐久性をぐんと高めています。

転載:城東テクノ株式会社サイトより

5

檜土台標準採用

土台には、4寸角のヒノキを採用。
古来より浴槽にも用いられてきた檜。
耐朽性に優れた檜を土台に据えることも、スマイルボックスのこだわりのひとつです。
檜は、フラット35の技術基準において『 特に耐久性の高い樹種 』に指定され、薬剤を用いなくても防腐性・防蟻性を有すると認められています。